皆さんこんにちは、新型コロナ緊急事態宣言が全面解除となり、例会も通常に行われる様になりました。ワクチン接種が進んではおりますが、重傷者は少なくなってはおりますが感染数はヨ-ロッパの方では増えているようです。今年12月までは状況を見つつ気を抜くことなくロ-タリ-活動を進めてまいります。

さて、先日11月12日には第16回大東市小中学生弁論大会が小学生応募966名、中学生2637名の中から、本選に残った小学校6年生5名、中学生5名の「弁論」、および小学生5年生による「1分間スピ-チの部」出場児童12名を加えた22名で大東市総合文化センタ-大ホ-ルで開催されました。弁論では「言葉で伝えよう」、「自分たちの未来」、「喜びと悲しみ」、「優先座席に座る権利は誰に」等それぞれのテ-マで発表され、1分間スピ-チでは「わたしの学校紹介」をテーマで発表されました。市長賞2名、市議会議長賞2名、教育長賞2名、大東ロ-タリ-クラブ会長賞4名が選出され賞状と記念品を授与させて頂きました。毎年の事ですが、言葉づかい、表現力、内容のわかりやすさ、声の大きさ等、明るく力強い発表で大変感動いたしました。

また、11月9日には、米山奨学生であります、蔡さんがお見えになり、谷中米山奨学委員長、田川カウンセラー、空門幹事と共に歓迎会を行わさせて頂きました。

11月10日はホテルニューオータニにおきまして第2回会長幹事会(燦々会)が行われ、本年度の事業計画と前期事業報告が各幹事より発表されました。

以上の報告させて頂き会長の時間といたします。