皆さん、こんにちは
今日は「節分」です。「鬼は外、福は内」の厄除けでもおなじみですが、最近は恵方を向いて恵方巻きの黙食も定番となってきました。
毎年、3日が「節分」と思ってしまいがちですが、実は立春の前日が「節分」となる様です。
正しく字の如く、立春で「春」差の節目を分けるから「節分」と言うようです。
1年間を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、1年に少しずつ誤差が出てきて、ずれが生じるわけです。その調整と言いますか、ずれた結果、2021年は2月3日が立春にあたります。ちなみに立春の日が2月3日=節分が2月2日になるのは、明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりだそうで当然、我々世代では記憶にない所か知らない事ですね。しかし、約37年前の1984年(昭和59年)は逆に立春の日が2月5日で節分が2月4日だったそうです。
覚えていませんが・・・
来年以降は、閏年の翌年が2月2日に「節分」となる様で、例外として2057,2058年は続けて2月2日が節分、今世紀末にかけて2月2日の「節分」頻度が高まるようです。
冒頭に述べた「恵方巻」ですが、今環境で話題になっている「黙食」がお決まりです。
皆さんも、食しながら念じられるのは「疫病退散」と個々の年の思いかと・・・・・

さて、本日 理事会に於いて「雙渓RC」との姉妹締結5年の更新が可決しました。
本来であれば、3月14日に皆さんと訪台し周年の祝賀と懇親を深めるところですが、それも叶わぬ事となってしまいました。当日は、Zoomにて姉妹締結調印式、周年式典に参加となりました。
また、4月の「春の家族会」もこの環境下の中、4月実施は「不可」となり中止となり、環境変われば「延期」とする事となりました。
異例尽くしの本年ですが、これもまた、「日々是新たなり」と言い聞かせ邁進していく所存です。3月からは何らかの背策で「例会再開」を目指したいと思います。
桜の花もそろそろ蕾がつき、開花に向けて桜木の周りも自然体の中で準備が進む事かと思います。私たちも、環境に打ち勝ち 前向きに明るい希望を抱き前進してまいりましょう。
深く深く念じ、実行に移せば必ずや実と確信しています。

本日も、新たな気づきと出会いとなる事を願い会長の時間と致します。
有難うございました。