皆さん、こんにちは

 

先週12日に第2660地区大会が国際会議場で開催されました。これまでと違いコロナ禍での開催で一日、短時間開催、主幹クラブ地区役員のみでの開催となり我々クラブ会員はWEB視聴での参加となりました。

大会決議も上程のみで「決議」は後日、電子投票決議となりました。

感染状況が悪化したため、急遽次第変更となり止む得なかったと思います。

しかし、今年は経験の無い大変な年でした。

一昨日、台湾雙渓RCよりコロナのお見舞いと雙渓RC30周年式典・姉妹締結年度の相談がありました。2021年3月に式典開催予定でそのころに環境が変わっていたら是非参加したいという思いを伝えましたが、かなり厳しいと思います。WEB Zoom等での参加となりそうです。

今月は「疫病予防と治療月間」です。2014年10月RI理事会は、12月を重点分野:「疾病予防と治療月間」とした。地域社会の医療従事者の能力向上, 伝染病の伝播を食い止め、非伝染病とそれによる合併症を減らすための、疾病予防プログラム, 地域社会の医療インフラの改善,疾病の蔓延を防止することを目的とした、地域住民への教育と地域動員, 疾病またはケガによって引き起こされる身体障害の予防, 疾病予防と治療に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間であると定めています。

まさに、現環境下(COVID-19)に相当するのではないでしょうか。

この様な、100年に一度と言われる疫病が発生する事を「予知」することは困難ですが備える事は今回の事で思い知らされました。医療従事者の不足や卑劣な環境での従事など、今回の事を教訓に我々も、個々の支援への取り組みと思いを学び実行していかなければならないと思います。

今は、「何とかして欲しい」「脱したい」という思いでしょうが、医療従事者の方々は「何とかしなくては」「脱するには」と懸命に日々邁進されています。

我々メンバーとして、今すぐできる事は「感染しない」「感染させない」事が責務と考えます。「何とかして欲しい」「脱したい」為にも、辛抱の時期を耐えて乗り越えていきましょう。

今は、技術が発達し、情報交換コミュニケーションも様々な方法で可能です。一人だと息詰まる事も多いですが、多分にあるコミュニケーションツール等を用いて仲間と語り相談し新たな機会を求めましょう。

本日も、新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。