皆さん、こんにちは

先週の「ガバナー公式訪問 」では、会員皆様のご協力を頂、滞りなく開催でき無事終了する事が出来ました。有難うございました。

さて、ロータリーでは「~月間」という言葉をよく耳にします。これは、クラブだけでなく、ロータリアン一人ひとりが、ロータリーの活動に参加するよう強調するため、国際ロータリー理事会が指定した月間のことです。

今月10月は、地域社会の経済発展月間と米山月間となっています。

米山に関しては、奨学生として当クラブも受け入れを行っているのでよく耳にし十二分にご理解頂いていると思いますが、今回は「地域社会の経済発展」について少しお話をさせて頂きます。

地道な活動として、ロータリーは、地域社会とそこに住む人びとが経済的、社会的に自立できる道をひらいています。

現在、雇用されているにもかかわらず1日にわずか1ドル90セント(約220円)で暮らしている人の数は、世界で約8億人。ロータリーは、貧困問題に持続可能な解決策をもたらすためにも活動しています。

起業家とリーダーの育成、特に女性のエンパワメントは、地域社会の発展に欠かせません。ロータリー会員とロータリー財団は、自立に役立つスキルの指導、家計を支えるための就職支援等を通じて、人びとと地域社会の自立を促しています。

世界のロータリーとしての活動事例ですが、電力供給がない地域へのソーラーによる照明(灯支援)、小さな商店立ち上げの小口融資、人権支援、農業促進と支援等 またこれらを支援するための研修の実施。

地域経済発展はその地域の居住者の自立した生活で「貧困」を無くす事を一つの目的としています。

要するに、『貧困地域の経済発展を目的とした起業家、地域社会のリーダー、地元団体を含む地域ネットワークの向上、雇用創出、支援が行き届いていない地域社会での貧困の削減、経済と地域社会の発展に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間』です。

我々、日本でまたこの地で、ロータリーメンバーとしてこの『貧困』をどの様にとらまえれば良いのでしょうか? 一般的に労働と生活の両過程のなかで生活が立ち行かなくなる事由(たとえば、失業、労災、老齢、傷病、障がい、多子等)により生活維持できない事態と言われていますが、国と地域により生活レベルが異なる為、一概には判断付きません。いえる事は、人間の基本的な営みである生命を生産・維持・発展させる一連の過程、すなわち、自

己の生命と次代の生命の再生産、そして、そのことを通して生産・再生産される人と人の

関係性が、確立されている事だと思います日本に於いては、少子化が進んでおり労働環境が悪化しつつあり失業や労働力の崩壊もこの先危惧するところです。

今一度、グローバルな観点から長期に見据えた生活環境を考える事が必要であり、この地域社会の経済発展月間を気づきの月間としたいものです。

本日の例会も新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。