皆さん、こんにちは
10月3週目 13日より例会を再開します。新型コロナウィルス環境下のクラブ運営規定を一部改訂します。大阪府の「新型コロナ警戒信号」が、「黄色ステージ1」「青色」の場合開催する事と致しました。開催に関しては、これまで通り感染対策は徹底し座席設営はスクール形式とさせて頂きます。
皆さんと再会出来ることを楽しみにしています。
過日、9月22日にロータリー旗争奪少年野球大会」 決勝並びに閉会式が行われ柿木委員長、東村幹事と出席してまいりました。
決勝戦は寺川プラックス対オール住道 熱戦の結果、オール住道が優勝、寺川ブラックスが準優勝という結果となりました。オール住道は9月の大阪府労金杯で優勝し近畿地区大会でも19-2と大差で優勝しました。小柄なメンバーですが凄いチームです。
他のチームにとっても今後の励みとなると思います。

また、9月25日には社会奉仕委員会事業として徳洲会野崎病院へ陰圧ブースを寄贈いたしました。医療現場における新型コロナウィルス感染対策の一助として寄贈させて頂きました。

当日 贈呈式を行って頂き中川病院長より現在でもひっ迫した感染病棟のお話を聞き昨今、一般国民は連日のメディアによる「感染報告」も慣れ浸しんでしまっている環境ですが、医療現場では感染患者さんの悲痛な完治願の叫びやご高齢感染患者様重篤からの回復処置治療の懸命さなど、非常に緊張感と緊迫感が引き続いている事を伺い、改めて危機感を感じ医療従事者の方々への感謝する次第です。
寄贈させて頂いた陰圧ブースが、使用する機会の無い事を願うばかりです。
また、2021年3月にIM3組 ロータリーデーですが、当クラブがホストであり田川実行委員長の下、着々と準備が進められ10月5日の3組会長幹事会(燦々会)で各クラブのご承認を頂く予定となっております。本年度はコロナ禍で開催を前提とし、ライブ配信で全メンバーに閲覧参加頂く設営で進めて頂いております。承認頂き、詳細が決定次第 改めて報告させて頂きます。

有難うございました。