皆さん、こんにちは

朝夕と秋らしい気温になってきました。寒暖差にはお気を付けください。

過日、地区より先日地区内ローターアクトクラブからコロナウィルス感染者が発生したとの報告を受けました。また、「新型コロナウィルス感染症への対応について」の案内が届きました。内容的には感染対策の徹底、飛沫を避けることを心掛け、自らが感染予防に努める

・ マスクの着用

・ 三密をさける。できれば1,5mの距離を保ち、少人数・短時間・大声で話さない

・ 消毒・手洗い・うがい  を行う事。とされていました。

他クラブは徐々に「例会」を再開していると聞いております。概ねの開催設営は飛沫パーテーションパネルの設置、1.5M程度の距離確保、スクール形式、会食無、同時WEB参加あり 等です。当クラブも思考で再開判断をすべきかも知れません。

さて、本日の時間は「組織の中での自分(成長)」についてお話させて頂きます。

組織に働く者にとっては、自らの成長は組織の使命と関わりがある。それは、仕事に意義ありとする信念や献身と深い関わりがあります。

自らの成長に責任を持つ者は、その人自身であって上司ではない。誰もが自らに対し、「組織と自らを成長させる為には何に集中すべきか」を問わなければならないと考えます。

自らの成果を上げる存在にできるのは、自らだけである。対にではない。したがって、まず果たすべき責任は、自らの最高のものを引き出すことである。それが自分のためである。

人は、自らが持つものでしか仕事ができない。

しかも人に信頼され、協力を得るには、自らが最高の成果を上げていくしかない。馬鹿な上司、馬鹿な役員、役に立たない部下についてこぼしても、最高の成果は上がらない。障害になっていること、変えるべきことを体系的に知るために、仕事の上で互いに依存関係にある人たちと話をするのも、自らの仕事であり、責任である。

成功の鍵は、「責任」である。自らに責任を持たせることである。あらゆることがそこから始まる。大事なことは、地位でなく、責任である。責任ある存在になるということは、真剣に仕事に取り組むということであり、成長の必要性を認識するということです。

責任ある存在になるということは、自らの総力を発揮する決心をすることであり「違いを生み出すために、何を学び、何をするべきか」を問う。むかし一緒に働いた賢い人が、私にこう言いました。。「よい仕事をすれば、昇給させることにしている。しかし、昇給させるのは、自分の仕事のスケ-ルを大きく変えた者だけだ」

成長するということは、能力を習得することだけでなく、人間として大きくなることであり、責任に重点を置くことによって、より大きな自分を見られるようになる。うぬぼれやプライドだけではない。誇りと自身である。一度身につけてしまえば失うことのない何かである。目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。

と今も、自分に言い聞かせてます。

皆さんはどの様に考えられますか?

有難うございました。