皆さん、こんにちは
台風10号も過ぎ去り予想よりも大事に至らず安堵しています。しかし、一部の地域では9号に追い打ちをかけ被害が出ている所も多数あり、心よりお見舞い申し上げます。
ちょうど、奄美大島接近に接近した6日に「ロータリー旗争奪少年野球大会」 開会式が行われ柿木委員長、東村幹事と出席してまいりました。当日は、台風接近で開催そのものも心配しておりましたが、朝から秋晴れとなり挙行されました。大会運営組織会長の中村様から本年、コロナ禍での本大会に於けるこれまでのご苦労を伺いいたしました。3月より学校休校と同時に各チーム練習中止、6月から再開するもこれまでの練習場所であった、市内小学校のグランドも借用禁止となり市の公園運動場を借入各チームで短時間での分配練習しか出来なかった。ようやく市内中学校のグランドを8月から借用出来る様になったとの事です。選手子供達は身体共に発育時期に「自粛」で子どもなりのストレスが蓄積されていたようです。それらを乗り越えての大会開催に中村会長も「コロナに打ち勝て」と挨拶されていました。選手宣誓も「コロナに負けないプレーを行います。」と元気一杯に宣言してくれました。こんな環境下の中、子供達にとっては可哀想だなと思いつつ逆に「打ち勝つ」新たな経験はこれからの人生に大きな自信と糧になると信じ、大人目線で我々もこの子達を育成していく為にも、知恵と工夫で環境対応、『流』に上手く乗り歩まなければと勇気づけられる大会開催で「であい」の新たな扉を開ける事が出来ました。有難うございました。
また、ロータリークラブとしての本年度事業はこれが初めてとなり、公式での初のご挨拶や始球式、いささか緊張と不安を経験させて頂きました。
柿木委員長設営有難う御座いました。
今月は社会奉仕委員会による「徳洲会野崎病院に対する陰圧ブース寄贈」の贈呈式が予定されています。間委員長、宜しくお願いします。