皆さん、こんにちは

「酷暑」に「ゲリラ豪雨」と気候が不安定な状況が続いています。また、これから台風も多く到来する時期です。熱中症、豪雨災害等に注意を怠ることなく、皆様、くれぐれもご自愛ください。

近況として、連日 TV新聞等で「COVID-19」「熱中症」の話題が主になっています。

個人的に、熱中症で命を落とす方が増加傾向にありCOVID-19の数倍になっています。

ここに来て、COVID-19にある意味なれ久しんだのか危機感を持ちながらも感染者数の発表にもう御免と言いたくなります。何か、マスコミ的にはトレンドになっているかもしれませんが、毎年のインフルエンザ感染者数は千万に近くなのにどうしてCOVID-19ばかりと思うのは私だけでしょうか? 一方で終息策に尽力頂いている関係機関や医療機関従事者の方々には心から感謝申し上げるとともにご苦労に深く頭を下げる思いです。

ロータリークラブ活動も、世間体からか私のひ弱さか、なかなか例会も開催できず「親睦」の機会をなくしています。

「親睦」の意味合いからも例会出席でメンバー間の交流と会話による情報交換が大切ですが、WEB開催や沈黙での食事、ソーシャルディスタンスをとっての設営では「親睦」はなし得ないと判断してます。このままですと、年内一杯は開催できないかも知れません。

会場を大ホールにする?食事を無くす?屋外で設営する? 「親睦」を図れる設営を思案し開催向けて進めていこうと考えます。

さて、今回は「奉仕」について前回同様、「*源流の会」WEBで学びを得ました内容を少しお話させて頂きます。

[親睦と奉仕]の対比は、[理論と実践]、[奉仕の心の形成と奉仕の実践]、[クラブ内の活動とクラブ外の活動][ 原因 と結果]にも対比させることができます。すなわち、ロータリー・ライフの一方の柱はクラブ内の活動を通じて行われる[親睦]すなわち[奉仕の心の形成][理論構築][ロータリー活動の 原因 ]であり、これらのことを行う場は例会であり、もう一方の柱は、クラブ外で個々のロータリアンによって、家庭、職場、地域社会、国際社会を対象として行われる[奉仕活動の実践]であり、それが[ ロータリー運動の結果]となるのです 。

資本主義を背景として生まれたロータリー運動は、最高の利潤を追求したいという利己心と、世のため人のために如何にすべきかという利他心を調和する哲学です。

永続性のある適切な利潤を獲得するために到達した経営哲学が「良質の職業人とは、自己改善を重ねて、自分の職場を健全に守ると共に、取引先・下請業者・従業員・顧客・同業者など、自分の事業と関係を持つすべての人に幸せを分かち合うことである。そして、その心を持って事業を営めば、必ず最高の利益が得られることを自分の職場で実証することによって、奉仕の精神の必要性を地域全体の職 業人に伝えていく」という職業奉仕の理論を構築し、お互いがそれぞれの業界の職業情報を持ち寄ってその理論を実践する具体的な方法を研究するのが例会の場なのです。と教えを説いてます。

シェルドンは「奉仕の原則と保全の法則」の冒頭で奉仕とは何かを定義しています 。

奉仕とは

1.仕事を管理する人たち 企業主 を管理すること。

2.管理される人たち 従業員 を管理すること。

3.この両者に顧客を加えた集団を管理すること。

さらに、これに時間やエネルギーやお金や材料を無駄遣いせず有効に活用して保全することを付け加えることです。これはすべて安心と豊かな実りを獲得するための道です。世に有用な職業に従事している人は全員、奉仕によって品物を作り、それを売っているのです。すべての従業員は、人に役立つものを作り、雇用主はそれを売っているのです。役に立つこととは奉仕の別名なのです。

との事でした。

 

「*源流の会」 日本国内のロータリメンバーが所属クラブ問わずロータリーを探求する目的で設立された会です。

 

有難うございました。

 

COVID-19  8月23日現在の感染者数推移

3月 4月 5月 6月 7月 8月23日現在
大東市 10名 32名 4名 2名 62名 62名
四條畷市 0名 5名 1名 0名 14名 16名
東大阪市 9名 58名 22名 3名 143名 210名