皆さん、こんにちは

昨年来、二度目の「緊急事態宣言」が発令されました。

一層の緊張感と感染対策を意識して生活を送って頂けます様お願い致します。

さて、今月は「職業奉仕月間」です。

2004年11月の理事会決定59号で決定され、10月を指定されておりましたが、2014年10月理事会で大幅な特別月間の変更があり、それに伴って1月へ移行された職業奉仕を強調する月間であると定められています。

職業奉仕とは、あらゆる職業に携わる中で、奉仕の理念の実践をロータリーが培い、支援する方法である。

「ロータリーの目的」の第2項は、職業奉仕が基本となるもので、特に以下のことを奨励し、育成する:

l 職業上の高い倫理基準を保つこと;

l 役立つ仕事はすべて価値あるものと認識すること;

l 社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。

(ロータリー章典 8.030.1.職業奉仕に関する声明より抜粋)

となっています。

職業奉仕でロータリアンとしての倫理・哲学は変わらない。しかしやり方は多少変わっている。クラブに於いて、質の向上を図り奉仕しようとする人を育てる事も目的ではないでしょうか?ロータリーはクラブ奉仕と職業奉仕を柱に出発した。職業の質を高めることがロータリアンとして地域に対する奉仕である。常に4つのテストを頭において実践活動に取り組むことにより、世の為、人の為、地域の為になる。最近世の中では大きな問題が起こっているが、全て4つのテストが実践されていないようなところに原因があるといっても過言ではない。そういう意味からクラブの例会等を通して自己研鑽していかなければならないと思います。

また、良く「職業奉仕」と「社会奉仕」の区別がつきにくいと言われますが、区別としては受益者が、受益者が自分以外の地域の人々、もしくは地域社会の場合は「社会奉仕」であり受益者が自分自身の場合は「職業奉仕」と言えるのではないでしょうか?

ともすれば、「社会奉仕」の実践によりその地域の人々、地域社会から「尊敬と信頼と信用」を自分自身が得る。

そして自分の職業がその反射的効果として繁栄する。これがロータリーの「職業奉仕」で奉仕活動によって自分自身が受益者となります

その上で、「世のため人のために奉仕をする心を持って職業を営むべし」とされ、先の「4つのテスト」に照らし合わせて「人を泣かせるような金儲けをしてはいけない、人をだまして金儲けをしてもいけない、非道徳的、非社会的行為をして金儲けをしてはいけない、世のため人のためになるような金儲けをしなければならない」と言っているのであり、自分の職業に対して強く「倫理性」を要求しています。

 

世間に矛盾も感じつつ、ロータリアンの自覚をもって事業に邁進したいと思います。

 

本日も、新たな気づきと出会いの年となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年より引き続き「休会」となっています。

年末、年始 皆様、如何お過ごしでしたでしょうか? 経験の無い環境下で歯痒いと言いますか、何とも伝えようのない「迎春」だと思います。国内にCOVID-19が報道されてから一年が経とうとしています。また、関東では「緊急事態宣言」が発令され、大阪、京都、兵庫も明日には発令される予定です。何時までも、歯痒さばかりにイラついていても解決にはなりません。この環境下で新たなライフスタイルを個々に構築していくしかありません。

点からの脱出は可能かもしれませんが「面」からの脱出は逃げ場(回避場所)がありません。

視点を変え新たな環境下での生活をしていきましょう。

 

さて、本年は「辛丑」(かのと・うし)です。

十干の「辛」は「改める」の意味で「今まで伏在していたエネルギーが、様々な矛盾や抑圧を伴いつつも表に現れる状態」を示し、十二支の「丑」は「始める、結ぶ」意味で「屈曲した芽が種子の内部で伸びようしている状態」と言われてます。すなわち「これまで実現しなかったことや注目されてこなかったことが、推進力を得て飛躍に向かう年」と解釈されるそうです。企業経営者にとっては、コロナ禍がもたらすビジネス環境の変化を捉え、「今後新たに柱となり得る事業について、方向性を定めて果敢に展開していく年」と説いてます。

過去、60年の「丑」年は「景気後退局面入りの前後にあたり景気は弱含む年でした。

十二支十干の教えを糧にしつつ、皆さんお一人お一人が本年、躍進されます事を祈念申し上げます。

 

本年も、新たな気づきと出会いの年となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

 

先週12日に第2660地区大会が国際会議場で開催されました。これまでと違いコロナ禍での開催で一日、短時間開催、主幹クラブ地区役員のみでの開催となり我々クラブ会員はWEB視聴での参加となりました。

大会決議も上程のみで「決議」は後日、電子投票決議となりました。

感染状況が悪化したため、急遽次第変更となり止む得なかったと思います。

しかし、今年は経験の無い大変な年でした。

一昨日、台湾雙渓RCよりコロナのお見舞いと雙渓RC30周年式典・姉妹締結年度の相談がありました。2021年3月に式典開催予定でそのころに環境が変わっていたら是非参加したいという思いを伝えましたが、かなり厳しいと思います。WEB Zoom等での参加となりそうです。

今月は「疫病予防と治療月間」です。2014年10月RI理事会は、12月を重点分野:「疾病予防と治療月間」とした。地域社会の医療従事者の能力向上, 伝染病の伝播を食い止め、非伝染病とそれによる合併症を減らすための、疾病予防プログラム, 地域社会の医療インフラの改善,疾病の蔓延を防止することを目的とした、地域住民への教育と地域動員, 疾病またはケガによって引き起こされる身体障害の予防, 疾病予防と治療に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間であると定めています。

まさに、現環境下(COVID-19)に相当するのではないでしょうか。

この様な、100年に一度と言われる疫病が発生する事を「予知」することは困難ですが備える事は今回の事で思い知らされました。医療従事者の不足や卑劣な環境での従事など、今回の事を教訓に我々も、個々の支援への取り組みと思いを学び実行していかなければならないと思います。

今は、「何とかして欲しい」「脱したい」という思いでしょうが、医療従事者の方々は「何とかしなくては」「脱するには」と懸命に日々邁進されています。

我々メンバーとして、今すぐできる事は「感染しない」「感染させない」事が責務と考えます。「何とかして欲しい」「脱したい」為にも、辛抱の時期を耐えて乗り越えていきましょう。

今は、技術が発達し、情報交換コミュニケーションも様々な方法で可能です。一人だと息詰まる事も多いですが、多分にあるコミュニケーションツール等を用いて仲間と語り相談し新たな機会を求めましょう。

本日も、新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

本来であれば、恒例のクリスマス例会の日です。ご家族皆さんと一堂に会し楽しいひと時の懇親が出来たのですが…

さて、COVID-19は大阪で深刻な状況になって来ました。今週末の地区大会も先週までは会長・幹事のみの出席となっていましたが、過日連絡があり地区役員のみの参加でWEB視聴となりました。

毎年、1月10日に詣でた今宮戎さんも連絡があり参拝は控えて欲しい・祈願祈祷も例年通り受け付けますが、依頼者不在で執り行います。戎さんのささも取り付ける宝絵等をカタログから選択して下さい。後日郵送します。との事でした。仕方ないのですが、何か寂しく、ご利益はあやかれるのかな?と考えてしまいました。

さて、本日は組織の中での自分(成長)についてお話ししたいと思います。

組織に働く者にとっては、自らの成長は組織の使命と関わりがあります。それは、仕事に意義ありとする信念や献身と深い関わりがあります。

自らの成長に責任を持つ者は、その人自身であって上司ではない。誰もが自らに対し、「組織と自らを成長させる為には何に集中すべきか」を問わなければなりません。

自らの成果を上げる存在にできるのは、自らだけです。対にではない。したがって、まず果たすべき責任は、自らの最高のものを引き出すこと。それが自分のためです。

人は、自らが持つものでしか仕事ができない。

しかも人に信頼され、協力を得るには、自らが最高の成果を上げていくしかない。馬鹿な上司、馬鹿な役員、役に立たない部下についてこぼしても、最高の成果は上がらない。障害になっていること、変えるべきことを体系的に知るために、仕事の上で互いに依存関係にある人たちと話をするのも、自らの仕事であり、責任だと思います。

成功の鍵は、「責任」です。自らに責任を持たせることです。あらゆることがそこから始まる。大事なことは、地位でなく、責任です。責任ある存在になるということは、真剣に仕事に取り組むということであり、成長の必要性を認識するということです。

責任ある存在になるということは、自らの総力を発揮する決心をすることであり「違いを生み出すために、何を学び、何をするべきか」を問う。むかし一緒に働いたある賢い人が、私にこう言った事がある。「よい仕事をすれば、昇給させることにしている。しかし、昇給させるのは、自分の仕事のスケ-ルを大きく変えた者だけだ」

成長するということは、能力を習得することだけでなく、人間として大きくなることであり責任に重点を置くことによって、より大きな自分を見られるようになる。うぬぼれやプライドだけではなく誇りと自身です。一度身につけてしまえば失うことのない何かです。目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長です。

 

本日も、新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

例会中止は、寂しいですね。

今日から、師走に入りました。例年ですと「歳末・・・・」とかクリスマスソング 商店街や繁華街も一層の賑わいを見せ、気分的にも気せわしくなりつつも、連日の忘年会予定を疲れながらも楽しんいでる時期だと思います。

今年は違いますよね。各ご家庭で新たな師走の過ごし方をされるかと思います。

私も、創意工夫で楽しむ事にチャレンジしたいと思います。

さて、昨日 IM第3組 会長幹事会(燦々会)が開催されました。これも土壇場でWEB-Zoomでの開催に変更されました。内容は、(1) 来週開催予定の地区大会について「会長・幹事・前年度褒章授与クラブ会長」のみの出席要請に変更となり一般メンバーはWEBライブ視聴で参加となりました。時間も大幅に短縮されます。

(2) IM第3組 ロータリデーとフレッシュロータリアン開催についての詳細説明をさせて頂き概ね了承を頂きました。

近況報告では、第2660地区では殆どのクラブがクリスマス例会中止と1月位迄の例会中止や再検討といった内容でした。

今日は「ニコニコ箱」についてお調べした事をお話しします。

まず、ニコニコ箱と言うのは、ロータリーでは、世界的な慣例ではありません。日本にはありますが、世界中どこの国にもあると言うものではありません。

日本で、ニコニコ箱の慣例が出来たのは、昭和10年に、関東大震災の被災孤児達を東京ロータリークラブの人達が、当時オープンした多摩川園という遊園地に招待してあげようと考えました。

ところが、さてその金はどうしょうかと言うことになりました。クラブの会員達は、お金持ですが、クラブ自体には金はありません。そこで、関幸重という人が一計を案じ、ありあわ

せのボール箱をもって、『あなたの誕生日ですよ』とか『お嬢さんが結婚されたでしょう』とか色々なことを軽妙酒脱に面白く話しながら、例会場を回ったのであります。会員達が皆笑いながら財布の紐を解いたと言います。

当時、大学卒の初任給が60円くらいの時代に600円の金があつまったといいますから、流石は東京ロータリークラブです。これで孤児達を多摩川園に連れて行くことが出来たとの事です。それからは、関さんが、何かことあるごとにその箱を持って回ったのでありますが、あまり汚い箱では具合が悪いだろう、皆がニコニコして金を出してくれるからと言うので、三越に注文して、えびす様の顔を彫った箱を誂えました。これがニコニコ箱の起こりと言われています。

いずれにしても、戦前のロータリアン達は、金を集めるにしても色々考えてユーモラスにやったのですが、今日のロータリーには、このユーモアがやや之しいとも思われます。

なお、東京ロータリークラブのこの慣例に対して、大阪ロータリークラブは昭和5年だから東京よりも早いという説があります。しかし、大阪ロータリークラブの場合は、遅刻等の時にSAAがなにがしかの金銭を強制的に取り立てる罰金箱であって、ニコニコ箱とはその趣旨が異なるのであります。ニコニコ箱は、あくまでも、何か喜び事があったときに、会員達がそれを記念して、社会奉仕の浄財をクラブに寄託するものであって、罰金箱のように人を責める形で金を集めるものではありません。罰金という恨み辛みの籠もった金を社会奉仕に使うことはロータリーの趣旨に合わないとも言われており。他のクラブでは、罰金箱は『すまんボックス』として、ニコニコ箱とは区別しているクラブもあります。大東では、現在、楽しいこと・嬉しかったこと・罰金的な事 等全てをニコニコに備えています。これも何故、そのようになったのかを聞いてみたいものです。

 

本日も、新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

非常に残念ですが、新型ウィルス警戒信号がSTEP-UPしてしまいました。例会は今週、来週と休会となります。

大阪では連日新規感染者数が激増してます。陽性率も18%を超え医療病床使用率も高くこの先不安でなりません。

今、何が出来るのか「何をしなければならないのか」気持ちばかりが先走りイライラがつのります。今まで、何不自由なく豊かな環境で生活させて貰っていた事が当たり前ではなかったと今更気づきました。

2660地区に於いても、会長幹事会をはじめ徐々にウィズコロナでの事業開催を進めてきましたが、ここに来て「WEB開催」に変更連絡が来ています。地区大会も懸念されるところです。

会員の皆様、ご家族、事業所等 感染対策、防止策は既にお済かと思いますが今回の第三波は市中感染だと言われてます。今一度、気を引き締め個々に完全感染対策をお願い致します。

本日の会長の時間は「リーダーシップ」のお話でしたが休会となり残念です。

 

「リーダーシップ」 LEADERSHIP

L Love 愛する心

E Experience 経験

A Action 行動力

D Direction 運営能力

E Education 教育力

R Recreation 創造力

S Service 奉仕の心

H Health 健康な身体

I Idea 斬新な発想

P Personality 個性

 

本日も、新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

新型ウィルスの感染者数が激増してきています。今一度、気を引き締め個々に完全感染対策をお願い致します。

さて、今日は第2650地区 研修委員会の資料を基に少しお話しさせて頂きます。

第2840 地区 2010-11 年度 前橋ロータリークラブ 会長 本田 博己のお話から「ロータリソング」についてです。

例会に歌を歌う風習は、1907 年、今から113 年前シカゴRC で始まりました。「親睦」か「奉仕」かの大論争で、ぎすぎすしたクラブの雰囲気を和らげようとハリー・ラグラス(5人目の会員)が音頭をとって歌い出したのが始まりです。当時はロータリーソングなんてまだありませんので、民謡や当時の流行歌が歌われたそうです。

初めての日本語オリジナルのロータリーソングは、1935年(昭和10年)5月の第70地区大会(京都)を記念して募集され、当選したのが4作品だったそうです。

第1 位は「旅は道づれ」。

作歌 杉村廣太郎(東京)

作曲 吉住小三郎(東京)

旅は道づれ世はなさけ なさけは人の為ならず

世は明鏡のやどす影 うつす形を偽らず

わがほほえめば 影も笑む

自分がなした善は、福となって帰ってくる、「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」というロータリー・モットーに通じるような内容の歌詞のように思います。

この「旅は道づれ」は作曲の一部に盗作があったため後に失格となり、第2位の「奉仕の理想」が、第1位に繰り上げ当選になったそうです。

本田会長は、この歌にずっと違和感を抱いていました。2行目の「御国に捧げん」の「御国」が、ロータリーの思想と相容れないと感じたのです。戦後死語になったような「御国」は使いたくないと思い、この一節を歌うときは、今でも頭の中で「地域に捧げん」とか「社会に捧げん」と頭の中で置き換え、口パクされているようです。

実は、この曲を作詞した京都RCの前田さんの原詩は、「御国に捧げん」ではなく、「世界に捧げん」だったのです。当時の村田省蔵さんというガバナーは国粋主義的な考えを持った方だったようで、この「世界に捧げん」を「御国に捧げん」と変えなければ当選は無効と宣言したので、前田さんは泣く泣く承諾したのだそうです。前田さんは後に亡くなる前、「もし出来ることなら何時の日にか、原詩の『世界に捧げん』に戻していただければありがたい」と遺言されたそうです。

「御国」という言葉に変えたのは、英語が敵性語とされ、米国由来のロータリーに世間の冷たい目が向けられようとしていた時代に、ロータリーの組織を守ろうとする苦肉の策だったかも知れません。実際、この「奉仕の理想」が発表された昭和10年の5年後には日本のロータリークラブは国際ロータリーを脱退し、解散を余儀なくされることになります。

そうしたロータリー苦難の時代を耐え抜いたこの歌の歴史は尊重しなければなりませんが、私たち21世紀を生きるロータリアンはこの歌の「御国」を、「世界」でも「地域」でも「社会」でも自由に置き換えて歌ってかまわないと私は思っています。

と、いうお話です。

何気なく歌っているロータリーソングですが、この様に誕生秘話があるのだなと改めて思いました。大川大先輩の「大東ロータリーソング」の秘話も聞きたかったなと感じ、いと惜しむばかりです。

 

本日の例会も新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

朝晩の寒暖差が厳しくなりました。体調管理は万全を期して下さい。

まず初めに、残念なお知らせが御座います。当クラブ、大先輩の大川名誉会員が11月1日にご逝去されました。享年87歳です。当クラブに於いても非常に貴重な人財でありロータリーの生き字引と皆様から崇拝されていただけに非常に残念です。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さて、8日に2660地区IAC(インターアクトクラブ)年次大会が開催されました。今回はコロナ禍と言う事でWEB Zoomを利用した大会となり各学校の単位でもZoomで参加でした。時間短縮で執り行われましたが各校特色のある「活動報告」と「今できる奉仕活動」をテーマに討論会が開催されました。

また、今週13日には「大東市小中学生弁論大会」が開催予定です。本大会に於いても同様コロナ禍と言う事で各校の生徒は弁論者だけで他の生徒は学校でWEB視聴となる様です。

どちらも、少し寂しいですがウィズコロナとして新しい開催方法だと思います。

また、先週は大阪都構想住民投票、アメリカ大統領選挙と大変な週でした。どちらも、居住地としては直接関係ないものの今後の生活、事業経営に於いては大きく変化が生じる注目された投票・選挙でした。

今年も残すところ後2か月を切りました。この10か月余りで起きたまた、経験した事象を振り返りますと、本年、2020年は子年です。毎年、大川先輩が干支にまつわるお話をして頂き干支に因んだ予言と指針書を頂いていたことが思い出されます。また今年は、年男の森脇会員が「今年は変化の多い年」と卓話されていたのを思い出し、正にコロナウィルスに始まりオリンピック延期、首相交代、アメリカ大統領選挙等々 後付けかも知れませんが十二支十干は容姿を変えながらも同じような事象が起こるのだなと感じた次第です。

師走に向け健康はもちろんの事、2020年を振り返り反省とまた新たな道しるべ を描き新年を迎える準備をして参りたいと思います。

 

本日の例会も新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

先週の「ガバナー公式訪問 」では、会員皆様のご協力を頂、滞りなく開催でき無事終了する事が出来ました。有難うございました。

さて、ロータリーでは「~月間」という言葉をよく耳にします。これは、クラブだけでなく、ロータリアン一人ひとりが、ロータリーの活動に参加するよう強調するため、国際ロータリー理事会が指定した月間のことです。

今月10月は、地域社会の経済発展月間と米山月間となっています。

米山に関しては、奨学生として当クラブも受け入れを行っているのでよく耳にし十二分にご理解頂いていると思いますが、今回は「地域社会の経済発展」について少しお話をさせて頂きます。

地道な活動として、ロータリーは、地域社会とそこに住む人びとが経済的、社会的に自立できる道をひらいています。

現在、雇用されているにもかかわらず1日にわずか1ドル90セント(約220円)で暮らしている人の数は、世界で約8億人。ロータリーは、貧困問題に持続可能な解決策をもたらすためにも活動しています。

起業家とリーダーの育成、特に女性のエンパワメントは、地域社会の発展に欠かせません。ロータリー会員とロータリー財団は、自立に役立つスキルの指導、家計を支えるための就職支援等を通じて、人びとと地域社会の自立を促しています。

世界のロータリーとしての活動事例ですが、電力供給がない地域へのソーラーによる照明(灯支援)、小さな商店立ち上げの小口融資、人権支援、農業促進と支援等 またこれらを支援するための研修の実施。

地域経済発展はその地域の居住者の自立した生活で「貧困」を無くす事を一つの目的としています。

要するに、『貧困地域の経済発展を目的とした起業家、地域社会のリーダー、地元団体を含む地域ネットワークの向上、雇用創出、支援が行き届いていない地域社会での貧困の削減、経済と地域社会の発展に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間』です。

我々、日本でまたこの地で、ロータリーメンバーとしてこの『貧困』をどの様にとらまえれば良いのでしょうか? 一般的に労働と生活の両過程のなかで生活が立ち行かなくなる事由(たとえば、失業、労災、老齢、傷病、障がい、多子等)により生活維持できない事態と言われていますが、国と地域により生活レベルが異なる為、一概には判断付きません。いえる事は、人間の基本的な営みである生命を生産・維持・発展させる一連の過程、すなわち、自

己の生命と次代の生命の再生産、そして、そのことを通して生産・再生産される人と人の

関係性が、確立されている事だと思います日本に於いては、少子化が進んでおり労働環境が悪化しつつあり失業や労働力の崩壊もこの先危惧するところです。

今一度、グローバルな観点から長期に見据えた生活環境を考える事が必要であり、この地域社会の経済発展月間を気づきの月間としたいものです。

本日の例会も新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。

皆さん、こんにちは

まず初めに、本日はRI第2660地区 簡ガバナー、地区代表副幹事 土方様、地区幹事 山本様にお越しいただいております。ようこそおいで下さいました。後ほど、宜しくお願いします。

近郊の稲刈りも終わり・気温も下がり、生駒山も上の方から徐々に赤や黄色と色づき秋へと変わりつつあります。行楽シーズンです。今年は例年と違い工夫を凝らしウィズコロナでの秋晴(しゅうせい)を是非楽しんでいただければと思います。紅葉は嬉しいのですが「大阪府の新型コロナウィルス警戒信号」は秋色にならないで欲しいと願うばかりです。

現況の感染状況は「増減が拮抗している」と言われています。取巻きでは少し落ち着いたかと思えます。この時期にこれからの環境、皆さんの事業所、会社、ご家庭で新たな環境の構築が必要ではないでしょうか? それが、危機管理かと思います。偶発に直面しても焦る事なく準備・想定していた行動と対応・対策を適切に出来る事が必要です。是非このような時期だからこそ考えて頂けるようお願いいたします。

さて、先週から再開しました「例会」、先週はSAA空門委員長の粋な計らいで「多くの笑顔」(笑い)を皆さんに提供頂き、緊張を和らげて頂きました。

本日は、国際ロータリー第2660地区 2020-2021年度 簡 仁一ガバナーにお越し頂き「ガバナー公式訪問 」を開催する事が出来ました。

7月スタート時よりこれまでに経験のないコロナ禍に於いて地区の陣頭指揮に邁進され大変なご苦労をされた事と察します。このような環境下だからこそ、ロータリーの基本を再認

識し、ロータリアンとしての誇りと自信を持って、ともにロータリーの未来をつくっていこう、と熱い思いを「基本に戻って未来へ」BACK,To the FUTUREのスローガンのもと活動されている簡ガバナーより本日は人としてロータリアンとして、ガバナーとして素晴らしい魅力あるお話をこの後、拝聴できる事を楽しみにしています。加えて、12月12日開催されます「地区大会」も本年は工夫を凝らしての開催との事で魅力ある内容を土方幹事、山本幹事よりPRを頂ける予定です。宜しくお願い致します。

本日の例会も新たな気づきと出会いの場となる事を願い会長の時間と致します。

有難うございました。