大東ロータリークラブ創立50周年を迎えるにあたり、記念事業として国際奉仕事業では、市立南郷保育園に遊びながら体力づくりが出来る遊具を寄贈するプロジェクトを姉妹クラブの台北雙渓扶輪社との旧WCS事業として「大東の子どもたちに笑顔をⅡ」という題で企画し、本日運動会の開会式に合わせて、贈呈式並びに感謝状の贈呈式を執り行いました。

市立南郷保育園では、耐震工事に伴い園庭が狭くなり遊具が撤去され時間制で園庭を使い、他園よりも運動をする場所が少なく園児の体力づくりに大変苦慮されています。

ボルタリングが2020年東京オリンピックの正式種目の競技になり、話題になりつつある今日。
子どもたちも喜んで、遊んでくれることでしょう!