令和2年9月22日(火・祝日)大東公園におきまして、大東ロータリー旗争奪少年野球大会の決勝戦が執り行われました。決勝戦はオール住道と寺川ブラックスのカードで、天候にも恵まれ両チームとも白熱した、好ゲームでした。試合は1回裏にオール住道が2ランホームランで先制すると、2回表に寺川ブラックスがタイムリーヒットで1点を返し反撃、その後両チームともピッチャーの好投、好守備で無得点が続きましたが、終盤オール住道が追加点をあげ勝負あり。3対1でオール住道が優勝、寺川ブラックスが準優勝という結果となりました。

また今大会中どのチームにもコロナの発症者もなく、無事に終えれたことにチーム関係者、そして大会運営していただいた大東市スポーツ少年団野球部会関係者の皆様に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。