令和2年9月6日(日)大東公園において、大東ロータリー旗争奪少年野球大会の開会式が執り行われました。本年度はコロナ禍のため佐藤会長、東村幹事、柿木委員長の3名で出席してきました。

開会式では台風の影響もなく、またどのチームも辞退することなく全チーム参加で執り行われました。これも指導者や保護者の皆様が行っているコロナ対策の賜物だと思います。

どのチームも6月まで練習が出来ず、再開されても練習する場所の確保でご苦労され、コロナ感染リスクを下げながらの対応とご苦労されてきたという話をお伺いしました。試合中も円陣や声出し、応援など細かいガイドラインがあり、試合の雰囲気が昨年と比較すると少し寂しい感がありましたが、一生懸命プレイをしているこども達の一喜一憂する姿をみることができ、この大会が無事開催され本当に良かったなとうれしく思います。